プロテインだけじゃ太れません!1ヶ月で6キロ太れた方法【胃下垂でも太れる方法】

プロテインだけじゃ太れません!1ヶ月で6キロ太れた方法【胃下垂でも太れる方法】

「意識の低いデブ猫」の写真

どうも、有酸素運動から筋トレメインに切り替えたものです。

今回紹介する体重を増やす方法ですが、単純に体重を増やすこともできるのですが、できればあわせて筋トレすることをオススメします。

僕は筋トレとの併用で一ヶ月で6キロ体重を増やすことができました。

僕が筋トレを始めたキッカケは置いておくとして、増量法を始める前の僕の体重と1ヶ月後の僕の書いておきたいと思います。僕の身長は173センチです。

筋トレと増量法を試す前は53㎏から54㎏の間で、1ヶ月後には59㎏から60㎏の間の体重になっています。たまに体重が落ちることもあるのですが、増量法を続けて大体2ヶ月ぐらいで、59㎏以上の数値が安定して出るようになりました。

ちまたに痩せる方法は転がっているのですが、太る方法というのはなかなかありません。いろんな方法を試し、失敗しては挫折してを繰り返していたのですが今回の方法はかなり効果がありました。

痩せ形体型で困っている人の参考になればと思います。

なぜ太れないのか?

「スマホを顎にあてて憂鬱な女性」の写真

「私、食べても太らないんだよね~」

という人が世の中には一定数います。これをうらやましがる人がいるのですが、太りたいという人からすると非常に困りものです。この原因はなんなのでしょうか?

僕が考える太れない原因は大きく分けて2タイプあります。

代謝がいいから太れない

よく聞くのは「代謝がいいから太らない」というものです。

これについては、納得できるところが多いと思います。例えば学生時代、運動部が引退したあとに激太りするというのを見たことありませんか。

運動することによって、人の基礎代謝は上がります。代謝が上がるとカロリーを消費しやすくなるので、必然的に無駄な脂肪が付かなくなります。有酸素運動は脂肪を燃やす働きがあるので太らないんです。

勝手な想像ですが、陸上の長距離走を引退した人なんかはかなり太りやすい気がします。

運動をやめたことによる代謝の低下以外にも歳を取ると代謝が落ちて太りやすくなるというのもよく聞きます。

これは科学的にも証明されていて、人間の基礎代謝のピークは赤ん坊のころで、それ以降は歳を取るにつれてどんどん低下していきます。歳を取ると、自ずと下腹が出てくるというのもよく言われていますね。

胃下垂のため太れない

代謝が落ちて太るとか言われていますが、僕はその気になれば2週間で6㎏痩せることもできます。歳を重ねているのに、この離れ業が出来るのは僕の代謝が特別いいからでしょうか?もちろん違います。

代謝説の他にもう一つ挙げられるのが、胃下垂(いかすい)説です。

胃下垂ってなに?

僕が太れない原因は胃下垂でした。

胃下垂というのは、普通の人より胃の位置が下にある人のことをいいます。自分が胃下垂かどうかは簡単に確認できます。食事後にお腹がポコッと下腹が出ていれば胃下垂です。

胃下垂というのは体質的なもので、特に治療法というのはありません。なろうと思ってなれませんし、なりたくないと思ってもそうなっていたら諦めるしかありません。

胃下垂でなぜ太らない?

胃が下にあるだけで太らないなんてあるの?と思われる人もいるかもしれません。

胃の位置が下にあると胃腸の働きが悪くなります。胃下垂の人の特徴として、下痢や便秘になりやすいというのも挙げられます。

胃腸の働きが悪くなるのと同時に、栄養吸収効率も悪くなります。ようするに、食べたものを体に上手く取り込めないということです。

お腹が張って、多くものを食べられないというのもあり胃下垂の人は太ることができません。

太れないことで悩んでいる人は、胃下垂の人が多いんじゃないかと思います。代謝で太れない人の場合は放っておくと太れます(笑)

胃下垂でも太る方法

「これでも糖質制限ダイエット中の三銃士を連れてきたよ」の写真[モデル:横山ともや 朽木誠一郎]

ここからは僕が実際に実践して、大きな結果を得られた方法をご紹介します。

一言でこれとこれと言うのは簡単なのですが、自分に合った方法で試したほうが効果的だと思うので、ちょっとした補足も入れていきます。

1,食事回数を増やす

力士の増量方法として、一日2食というのを聞いたことがあると思います。一日2食で太るのかというと、そういうわけではありません。

力士は一日2食ですが、一回の食事量が一般人の数倍はあります。細かい説明は抜きにすると、力士が太れる理由は単純にいっぱい食べているからです。

一般人が真似をすべき食事法はその逆です。そう、これです。

一日最低5食生活

一日5食といっても、お腹いっぱいになるまで食べる必要はありません。ちょっとした軽食を取ればいいだけです。例えば朝食昼食の間にカロリーメイトを食べて、昼食夕食の間にカロリーメイトを食べる、という具合です。

よくボディビルダーの食事法として挙げられているのが、この一日5食の食事法ですが、僕の実体験として最低5食をオススメします。

太れなくて困っている人は、食が細い傾向があります。一日5食にしたところで一回の食事量が少ないのでなかなか太ることができません。

重要なのは空腹の時間を極限まで減らすことです。

空腹を感じそうになったら、なにか食べるというだけで体重は増えて行くと思います。ただ体重を増やしたいだけなら、ポテトチップスでもなんでも構いません。

ただし後に増えた皮下脂肪のやり場に困る可能性があるので、できるだけ炭水化物やタンパク質を取るようにした方がいいです。

2,粉飴入りプロテインのススメ

実は僕、朝食を食べていません。朝食は飲んでいます(笑)

どうしたって朝なにかを食べる気になれない人がいます。朝から納豆ご飯に味噌汁焼き鮭みたいなガッツリメニューを平らげられたらいんですが、喉が食べ物を受け付けてくれないんです。

そんな僕みたいな人は、粉飴を入れたプロテインを飲むといいです。

プロテインで太れた!

みたいな人がいますが、プロテインだけでは太ることはできません。というのも、プロテインにはそもそもそこまでカロリーがないからです。

過去に僕は、プロテインによる増量を企てたことがあります。今思うと馬鹿みたいなんですが、当然太れませんでした。カロリーとかそういうのを気にせず、プロテイン飲むと太るという俗説を信用していたんです。

粉飴は以下のようなものです。

マルトデキストリンといって、主に炭水化物で出来ています。僕は粉飴を朝食のプロテインのなかに30~40g入れています。

液体なので朝の閉じた喉にもすんなりと入っていきます。炭水化物は即効性のあるエネルギー源なので、一日の活力にも繋がります。

プロテインはなにがいいの?

「運動後45分のゴールデンタイムにプロテインを飲むトレーニー」の写真[モデル:大川竜弥]

実は粉飴を入れる以外にも、ウエイトゲイナープロテインというのもあります。これも通常のプロテインよりカロリーが高いのでオススメです。

これなんかいいかも↓

しかし、プロテインは毎日飲み続けると結構高く付きます。粉飴を混ぜるのがめんどくさい人や、多少高くてもいいと思う人はウエイトゲイナープロテインでいいのですが、多少の面倒をいとわない人には僕の黄金パターンを紹介しましょう。

マイプロテイン+粉飴=安くて最強!

マイプロテインは年中セールを開催しているので、最低でも30%オフでプロテインを買うことができます。1食あたりの値段も僕が知る中で最も安いプロテインです。

安いからといって品質が悪いわけではありません。元ボディビルダーの山本義徳さんも愛用しているので、クオリティーは折り紙付きです。

初回に購入する人は、以下のコードを入力するとさらに500円割引になります。

そして!

マイプロテインは初回購入者にシェイカーを無料でサービスしてくれるのでシェイカー代も浮かせることができます。

マイプロテインをべた褒めしすぎな気もするのですが、実際いいものなので初めてのプロテインには是非おすすめします。

紹介コード VGLB-R4

直接登録する方はコチラから

ヘルスケアカテゴリの最新記事