CATEGORY 映画

  • 2019.01.12

フィクションなのにリアリティがある『宇宙兄弟(実写映画)』映画レビュー

冒頭のあらすじ 微妙に近未来な映画です。まず物語は、主人公南波六太とその弟が子供の時から始まります。これが2009年。彼らは、夜の原っぱで謎の飛行物体を見ます。つまりUFOです。UFOを見て、弟の日々人は宇宙飛行士になることを決意します。 時が流れて19年後。日々人は宇宙飛行士になります。対して兄である六太は、自動車メーカーのデザイナーになるのですが、クビになってしまいます。モヤモヤした日々を送っ […]

  • 2019.01.07

将棋に人生を賭けた男『聖の青春』【映画レビュー】

主演俳優の素晴らしさ 『聖の青春』は何度か映像化され、舞台台本となって舞台上映されている作品です。今回僕が観たのは、松山ケンイチ主演の映画です。 この映画の上映当時は、松山ケンイチの役作りの凄まじさに驚いたものです。『3月のライオン』の映画版を観たあとに観たのですが、『3月のライオン』では村山聖をモデルとした二海堂晴信は特殊メイクによってデブになっていました。 しかし、『聖の青春』では松山ケンイチ […]

  • 2019.01.02

名作将棋映画『3月のライオン(実写映画)』【映画レビュー】

ハチクロ作者の将棋漫画 作者の羽海野チカさんと言えば、『ハチミチとクローバー』で有名な人だと思います。僕は、『ハチミツとクローバー』は読んだことがないのですが、『3月のライオン』は以前原作を読んでいました。 最近の話は分からないのですが、原作は途中まで読んでいたので映画版を見ていても、シーンを把握することはできました。 まあ、それでも原作を読んでいたのは、だいぶ前なので原作との違いとか、そういうの […]

  • 2018.12.28

銭湯版・孤独のグルメ『昼のセント酒』【ドラマレビュー】

あらすじ 広告代理店で働く内海孝之は、万年営業最下位のダメ社員。使えないと職場で言われつつも、外回りと飛び込み営業、打ち合わせをする。 しかし、銭湯を見つけるといても立ってもいられなくなり、誘惑に勝てず「今日だけは」とのれんをくぐってしまう。 仕事をサボり、ビールを飲み、罪悪感を感じつつも至福のときを得る。 銭湯版・孤独のグルメ どうやら、このドラマ「銭湯版・孤独のグルメ」と呼ばれているそうです。 […]