なぜセールに弱いのか?魅力的なセールを作る心理、方法

なぜセールに弱いのか?魅力的なセールを作る心理、方法

「【も】もっと目立たせて、ここももっと目立たせて」

セールをやっていると、ついつい見ちゃう。

セールで必要のないものまで、気づくと買ってしまう。

みたいなこと、ありませんか? 最近では、ネットショップが、かなりの頻度でセールをやっています。

リアルのショップもそうですが、ネットショップは手軽さから、特に財布の紐が緩くなると思います。

セールに弱いのは、いくつかの心理効果が起こっているからです。セールを作るショップは、この心理効果を上手く使って売り上げを上げています。

今回は、セールを作る心理効果についての記事です。

これを知っていると、店の戦略が分かって不要な物には目が行かなくなります。

 

 

中途半端な値段設定

「香港の都市部の景観と横断する人々」

まず初めにご紹介するのは、中途半端な価格設定です。

ちょっとした問題を出します。直感的に、どちらが安くなっているように感じますか?

 

A・・・640円→598円

B・・・580円→530円

 

単純に引き算をすれば値引き額は出るのですが、直感で答えた場合、おそらくAの方が安いように感じたと思います。

ちなみに、Aの値引き額は42円、Bの値引き額は50円です。

このように、端数を提示された方が譲歩しているように感じさせる心理効果を、

端数効果

といいます。この効果は、フランスで行われた実験で証明されています。以下のような実験が行われました。

端数効果の実験

募金協会のメンバーとして、200世帯を訪問して、パンケーキを売ります。

販売する際、パンケーキの価格設定を「2.00フラン」、「1.99フラン」の2通り用意します。

 

2.00フランの値段で購入した世帯は45.5パーセント

1.99フランの値段で購入した世帯は59.9パーセント

 

もちろん、1.99フランの方が実際に安いのですが、それだけではありません。

金額が端数になっていることによって、客が譲歩を引き出せたと感じるから売り上げは上がりました。

セールでも、よく端数が使われています。私たちは知らないうちに、端数効果にハマってしまっているわけです。

セールの理由があると買ってしまう

「暇さえあればスマホで買い物をするネット通販依存症の女性」[モデル:河村友歌]

他にも、セールの巧妙な心理テクニックはあります。

そもそも、人間はセールという言葉を見ただけで購買意欲が上がるようにできています。

これは、機会損失を恐れてのことです。損をしたくないので、安く買えるセールという言葉に目がないわけです。

ちなみに、セールに理由があると、もっと過剰に反応してしまいます。例えば、

 

 

・ワケありにつき

・型落ちにつき

・商品入れ替えにつき

・新装開店につき

 

新装開店は、パチンコ屋がよく使うセールの理由ですね。

新装開店がセールなのか、パチンコをやらない僕は分かりませんが、あれだけのぼりが出ているのを見ると、集客が見込めるのでやっているものと思われます。

ワケあり、型落ち、なんていうワードもよく見ます。最近ではテレビショッピングでも、ワケあり商品を販売するようになりました。

セールに没頭しないためにすること

「上を向いて考える若い外国人の女性」[モデル:モデルファクトリー]

今回紹介した心理効果以外にも、セールにはさまざまな魔物が潜んでいます。

セールにのめり込んで無駄遣いしないためには、結局のところ自制心を養うしかないです。

例えば、こういうのはどうでしょう?

 

目の前にある激安商品、その商品を手に取って、買う前にその商品を使っているビジョンを想像します。

具体的に商品を使い続ける未来を描けたら買い、出来なかったら買うのをやめます。

 

セールのときは、ドーパミンが出て興奮している状態といえます。そこでクールダウンをすることで、無駄遣いを予防できると思います。

心理学カテゴリの最新記事