遠距離恋愛が続かない科学的根拠【対処法も紹介】

遠距離恋愛が続かない科学的根拠【対処法も紹介】

単純接触の原理

女性2人で旅行中

ザイアンスの法則とも呼ばれる単純接触の原理は、

興味がなかったり苦手だったりするものでも、何度も繰り返すうちに次第にいい感情が出てくる

というものです。これを利用すると、好きな人の好感度を徐々に上げていくことができます。近場にいる人であれば、単純接触の原理が適用されて好感度を上げることができます。しかし、

遠距離恋愛と照らし合わせると、接触回数が少ないので好感度が上昇しにくい

と考えることができます。

この仮説を裏付ける実験があります。

ポッサードの法則

1932年、アメリカの心理学者ポッサードは婚約中のカップル5000組を対象に、お互いの住んでいる場所を調査しました。調査の結果、

5000組のカップル中、33パーセントのカップルが徒歩で行き来できる距離に住んでいる

ことが分かりました。残りのカップルにしても、ほとんどが電車で数駅の場所に住んでいたそうです。

ポッサードによると、住んでいる場所が近いカップルほど結婚に至る可能性が高まったそうです。さらに、婚約から結婚にまで至ったカップルは、距離が近いほど増えていったという結果も出ています。

住んでいる距離が近いほど結婚の確率が上がることを、心理学では、ポッサードの法則といいます。

遠距離は単純接触回数が減る

理由はいくつか挙げられますが、冒頭でも触れたとおり、このような研究結果が出たのは、単純接触回数が減るからではないかと考えられています。

人間は、どんなに嫌いな人でも300回以上接触すると、嫌悪感がなくなる

と言われています。嫌いな人でも300回会えば好きになるということもあるので、それだけ、好きな人との親密度を上げるためにも、単純接触回数は重要なんです。

遠距離恋愛は、その点で大きなハードルが立ちはだかっているわけです。遠距離恋愛をしている人で、浮気が多くなるのも、近距離に単純接触が多い異性がいるからである可能性があります。

遠距離恋愛を成就させるための対策

スマホ・ラブ・ラブ・スマホ

とはいえ、ポッサードの法則は1932年に発表されたものです。80年以上経った現代では、当時と連絡の取り方もだいぶ変わってきています。

スマホやネットの普及で、心理的な距離を縮めることが容易になってきました。その他、流通システムの発達しましたし、移動手段も安価になりました。

そこで、現代において遠距離恋愛を成就させるために行える対策を考えてみましょう。

引っ越しをする

初めから極端ですが、これが一番手っ取り早いです。

相手の住む家から徒歩圏内に引っ越せば、単純接触の原理を利用できますし相手の家に行くまでの交通費を節約できます。

ただし、これは付き合ってからしばらくしてからの方が、いいと思います。いきなりだと、ドン引きされそうな気もします。

定期的に会いに行く

これが王道でしょう。

最低でも月に1回が目安だと思います。それ以上のスパンだと、破局率が一気に高まると思った方がいいです。

月に1回でも、相手とリアルで会っている人は、あなたの10倍以上相手と会っていることになります。

どこかの恋に飢えた虎に出し抜かれるか、ヒヤヒヤものです。月1でも成就させるのは、厳しい道のりであるといえます。

連絡を頻繁に取る

単純接触を埋められないのならば、やはり最終的にはこれに頼るしかないでしょう。LINEやスカイプを利用すれば、無料で通話が出来ます。

出来ればビデオ通話をしましょう。人間は、視覚から入ってきた情報の方を重要視する特徴を持っているので、相手の印象に残りやすいからです。

擬似的に単純接触の原理を利用するためには、少しでも情報が多い方が有利に働きます。

ですので、スカイプでのビデオ通話が最強ということになりますね。

疑似デートをする

以前、僕がやっていた遊びを紹介します。

僕は遠距離恋愛はしたことないのですが、この方法はいわば疑似映画館デートといえます。やり方を説明します。

1、2人でスカイプ通話する

2、動画サイトで映画を見つける

3、通話しながら、2人で映画を観る

「せーの」で再生ボタンを同時に押せば、2人で映画を同時進行で観れます。観ながら話してもいいですし、見終わった後に感想を言い合ってもいいです。

アマゾンプライム会員に申し込めば、安価に、この遊びを楽しむことが出来ます。同性の友達とやっても、楽しめるので是非試してみてください。

最後に

えっ!?知らされてないんだけど猫

遠距離恋愛が続かない科学的根拠と、その対処法のご紹介でした。

いろいろ書いてみましたが、やはり遠距離は厳しいというのが正直なところです。連絡を取れるようになったといっても、リアルに会ったときに得られる情報量と、ネットだけで得られる情報量には天と地ほどの差があります。

しかし、その分成就したときはドラマチックですし、それに捧げるのもいいと思います。

また、厳しいのを承知で日々対策をしているということは、それだけ相手のことを考えているともいえるので、愛情面では近距離恋愛をしている人よりも高いという見方も出来ます。

・・・まあ、消滅する可能性も高い一過性の火種とも見れますが。兎に角、幸運を!

恋愛心理学カテゴリの最新記事