モテアピールで相手を惹きつける心理テクニック【恋愛心理学】

モテアピールで相手を惹きつける心理テクニック【恋愛心理学】

恋愛に嫉妬心を利用する

「スケジュールを守らない管理職を叱る美人秘書」[モデル:河村友歌]

今回は、嫉妬心を利用して相手を惹きつける心理テクニック、

嫉妬のストラテジー

をご紹介します。このテクニックは、以下のような人に使えます。

・友達以上恋人未満の関係を脱出できない人

・長年付き合っているのに、恋人が結婚を切り出してくれない人

・恋人と幸福順応状態(マンネリ状態)となってしまっている人

現状維持の状態から、一歩飛び出したい人に使えるテクニックです。

モテアピールで嫉妬心を駆り立てる

「放課後、精一杯の勇気」[モデル:河村友歌]

例えば、気になる人にラブレターを貰ったという話をします。すると、相手はあなたのことを意識するようになり、相手から告白してくるようになります。

というのは、少しできすぎな話なのですが、嫉妬のストラテジーは相手の嫉妬心を駆り立てて相手からアプローチをさせる心理テクニックです。

嫉妬心を駆り立てるのに一番手っ取り早いのが、モテアピールです。

ラブレターを貰ったと発表するのは、遠回しに自分がモテていることを、ほのめかしています。このアピールで相手の心に嫉妬心を芽生えさせて、注意を自分に向けることができるわけです。

嫉妬心の駆り立て方

ラブレターの話で、ある程度想像がつくと思いますが、いくつか、モテアピールの例を紹介してみたいと思います。

・先輩、同じクラスの子、など断りずらい相手に告白されたと相談する

・好きな人と別の異性と遊びに行く

・気になっている人がいると遠回しに伝える

・好意を寄せてくれている異性が居ると相談する

これらは、まるきり嘘であっても問題はありません。

相手は「その人は誰?」と聞いてくるかも知れませんが、話す必要はありません。むしろその方が、相手の脳内で勝手に想像してくれるので嫉妬心が大きくなります。

重要なのは、相手の意識をこちらに向けることです。余談ですが、ストラテジーとは戦略のことです。直訳すると嫉妬のストラテジーは嫉妬戦略ということになります。

どうしても一歩進みたいときに、戦略として吐く嘘はアリなんじゃないかと思います。

男女で嫉妬の方向性が違う

「今日は疲れてるからまた今度」[モデル:大川竜弥 たけべともこ]

嫉妬感情についての研究をしていたアメリカの心理学者デイビット・バスは、男女で何に対して嫉妬の感情が強くなるか、明らかに違いがあると言っています。

男性は女性の性的な浮気に嫉妬する

女性は男性の精神的な浮気に嫉妬する

男性は女性の性的な部分、つまり文字通りの性的浮気に対して嫉妬をしますが、女性の場合はどちらかというと内面に関して嫉妬心を燃やすようです。

例えば、女性が男性の趣味にほとんど興味を示そうとしないのは、男性の精神的なよりどころである趣味に、精神的な浮気と感じ嫉妬している状態なのかもしれません。

使うときの注意点

「お手入れ中にこっちを見るメス猫(スコティッシュフォールド)」

嫉妬のストラテジーを利用する際に、注意すべきこともあります。

現状維持の状態から抜け出す心理テクニックなので、基本的に行動派である人よりもあまり自分から動かない人に効果的です。反面、普段はあまり行動しない人なので、その反動で手が付けられなくなる危険性もあります。

また、どうしても打算が入ってくるので、それを相手に気取られると相当の痛手を追いかねません。ですので、嫉妬のストラテジーは多用厳禁です。使用する頻度に気を遣い、慎重に使うのがいいと思います。

恋愛心理学カテゴリの最新記事