デートの誘いが成功しやすい心理テクニック【カチッサー効果】

デートの誘いが成功しやすい心理テクニック【カチッサー効果】

はじめに

「想いを伝えるカップルのシルエット」

デートの誘いや頼みごとを聞いてもらうとき、どうしていますか? 直接、真っ向から誘いますか? それとも多少回りくどい方法で誘いますか?

今回は、デートの誘いの成功率を高める心理テクニックをご紹介していきます。その名も、カチッサー効果です。

このテクニックを覚えて、交渉上手になりましょう。

カチッサー効果

人間は、理由があると頼みごとに正当性を感じて、よく考えずに了承してしまいまう性質を持っています。これを、

カチッサー効果

といいます。このカチッサーというのは、カセットテープの再生ボタンをカチッと押して、サーっと再生される様子から来ています。

つまり、一つのきっかけを元に、自動的に動き出してしまう心理効果のことです。

例えば、動物が自分のなわばりを守るとき、侵入者の全体像を見て警戒するのではなく、ある特定の特徴を見て反応することがあります。この刺激を信号刺激といい、体のわずかな部分の色で反応すると言われています。

理由を出されると断れない

「一生のお願いごめんなさい」[モデル:真崎真幸]

この、カチッサー効果は、動物だけに起こる効果ではありません。心理学者のエレン・ランガーが行った実験で、人間にもカチッサー効果が見られることが証明されています。

図書館のコピー機の前にいる人に、こう聞きます。

「すいません・・・、5枚だけなのですが、先にコピーをとらせてもらえませんか? 急いでいるので」

このお願いに応えた人は、94パーセントでした。次に聞き方を変えます。

「すいません・・・、5枚だけなのですが、先にコピーをとらせてもらえませんか?」

このお願いに応えた人は、60パーセントの人だけです。つまり、理由を掲示していないだけで、承諾率が34パーセントも下がったということになります。

理由は根拠がなくていい

「中途半端なろくろを回すアラサーリーマン」[モデル:大川竜弥 Lala]

初めのお願いは、急いでいるという、ちゃんとした理由がありました。こうお願いされれば、大抵の人は受け入れるに違いありません。しかし、カチッサー効果の範囲はこれに留まりません。

ランガーは、3つ目の頼み方を試します。

「すいません・・・、5枚だけなのですが、先にコピーをとらせてもらえませんか? コピーをとらなければならないので」

このお願いに応えた人は、94パーセントの人でした。よく見ると、この頼み方はまったく理にかなっていないのですが、キッチリとした理由を出したときと結果は変わりませんでした。

ようするに、理由は根拠がなくてもいいわけです。この実験では、人間は理由よりも「ので」に反応したから承諾率が上がったと考えられています。

カチッサーのカチッの部分が、「ので」であったということです。「ので」に反応して、サーっとコピー機を譲ったということが分かります。

根拠がなくても理由を付ける

「悪知恵を吹き込む猫」

デートの誘いや頼みごとで成功しやすくするには、とにかく理由付けをすることが重要です。もちろん、根拠があった方が会話の整合性が取れるので、いいのは間違いないのです。

ただ、その理由に根拠がなくとも、「理由を言うこと」に効果が実証されているので、とにかく理由付けを行うということは、メリットは大きいでしょう。

例えば、デートに誘うとき、

「趣味が合うから、食事に行こう」

と誘うのもアリですし、

「一緒に食事に行きたいから、食事に行こう」

と誘うのもアリだと思います。

「から」「ので」「だから」など、理由付けで使う言葉を頭のなかに入れておいて、それこそカチッサーのように機械的に言えるようになれば、あらゆる頼みごとが聞き入れられやすくなります。

恋愛心理学カテゴリの最新記事