ネガティブな人は最悪を想定するといい【コーピングイマジナリー】

ネガティブな人は最悪を想定するといい【コーピングイマジナリー】

日本人はネガティブ思考

「気だるそうに座り込む男性」[モデル:Tsuyoshi.]

ウェルズリー大学の心理学者ジェリー・K・レムは、人間の心的傾向を、

・戦略的オプティミスト

・防衛的ペシミスト

の2つに分類しています。

戦略的オプティミストは簡単に言うと、ポジティブ思考の人のことで、

防衛的ペシミストは、ネガティブ思考の人のことです。

日本人の98パーセントの人は、防衛的ペシミスト、つまりネガティブ思考に当てはまるといわれています。

(詳しくはコチラの記事)

ネガティブは治せない

広い空き地と双子の女の子

この心理的傾向ですが、一説によると生後4ヶ月で決まっているため、三つ子の魂百までのように、一朝一夕で変えられるものではありません。

ネガティブな人はネガティブでいるより、ネガティブを活かすことを考えた方がいいです。

(ネガティブを活かす記事はコチラ)

ネガティブなイメージを持った方が上手く行く

ジュリー・K・レノム博士の行った、ダーツを使った研究があります。

防衛的ペシミストの被験者が、ダーツを投げる前に、

「真ん中に刺さる」

というポジティブな想像をして投げた時と、

「ダーツ盤の外側に刺さるかもしれない」

というネガティブな想像をして、ダーツを投げました。

実験の結果、ネガティブなイメージを持って投げた方が30パーセントも的中率が上がったそうです。

コーピングイマジナリー

売上未達で困り果てる外資系の会社員

想定される最悪のケースを想定することを、

コーピングイマジナリー

といいます。これを行うと、最悪のケースを想像して、どうすればそうならないか、そうならない為の計画を立てていくことができます。目の前の目標に向かって歩んでいる時、目標について、

「こうなったらどうする?」

というリストを作っておくといいわけです。多くの日本人はネガティブ思考の持ち主なので、問題をできるだけ具体的に想像して、考えておくと、いざというときの備えが出来ます。

危機対策リストを作っておく

いわば、災害の時に使える危機対策リストのようなものです。例えば、仕事が順調に進んでいても、

「ひょっとしたら、終わらないかもしれない」

と最悪を想定することで、逆に余分に仕事を終わらせることができたりするかもしれません。ようするに、最悪を想定することで安心感を得ることができるわけですね。

ただし、安心感を得るためにはそれなりの努力は必要です。

想像した最悪の状況をどうやったら克服できるか、対処法のイメージを具体的に思い描いておかないと、ただ不安感が募るだけという結果になりかねません。

不安は紙に書き出す

「ペンを握る手の要す」

不安なことを紙に書き出すことを、エクスプレッシブライティングといいます。

コーピングイマジナリーも、しっかりと手書きで紙に書いた方が、効果を得られます。

ネガティブな想像をするとダメと思われがちですが、ダーツの実験でも分かる通り、ネガティブな想像をした方が成功する確率が上がるんですね。

紙に書くことで、悩みが目に見えるようになる

ご活用ください。

モチベーションアップカテゴリの最新記事