言いたいことが言えない人の為の会話法

言いたいことが言えない人の為の会話法

ハッキリ言うのはNG

ダメ!絶対ダメ!ダメダメ!NG(グリーンバック)

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ・・・

はい、今回は言いたいことをやわらかく言える方法を紹介していきます。

「ハッキリ言えばいいじゃん」

という意見もあると思いますが、それでトラブルになる可能性があることもありますので、やわらかい感じで伝えることがやはり重要でしょう。

特に、相手に非があることが分かっているときは、

オブラートに包む

ようなやり方の方が、今後のためにもいいです。

イエスバット話法

不満を伝える外国人エンジニア

以前、喧嘩に勝つ方法で紹介した方法の応用だと思って下さい。少し使い方を変えます。

(以前の記事はコチラ)

相手とって、悪い情報を伝えたかったとします。

「また約束をすっぽかしたね。仕事ができるのにもったいない」

とネガティブな情報を先に言ってしまうと、ポジティブな情報が薄まります。

イエスバット法は、例えばこんな感じで使います。

「最近仕事の調子がいいみたいだね、キッチリ約束を守れるとさらにいいね

ポジティブな情報を先に伝えて、ネガティブな意見も後に伝える

これがイエスバット話法です。

よくドラマなんかで、

「いいニュースと悪いニュースどっちを先に聞きたい?」

という場面がありますが、よりポジティブに相手に捉えさせるにはいいニュースを先に伝えた方がいいということですね。

イエスアンド話法

イエスバット話法に、少しプラスの情報を入れるテクニックです。

「最近仕事の調子がいいみたいだね、この前のヘルプすごい助かったよ。キッチリ約束を守れるとさらにいいね」

ポジティブな情報を複数伝えることで、ネガティブな情報がより柔らかくなります。

イエスハウ話法

部下が作成した資料を確認する敏腕上司

ハウはHowのことです。

「最近仕事の調子がいいみたいだね、もっと結果を出すにはどうすればいいか一緒に考えてみよう

ネガティブな情報すら伝えず、相手に改善すべき点を考えさせます。このテクニックは、相手に自分から気づかせるから効果があります。

人間には一貫性の原理というものがあり、自分で言ったことには一貫性を保ちたいという心理が働きます。なので、

「この前も約束破っちゃったし、どうにかして約束を破らないようにしたいです」

という意見を相手から引き出せたら、しめたものです。

相手は自分が言ったことを守らなければならないので、行動を見直してくれる可能性が高くなります。

ただし、このテクニックは相手が無自覚な場合は効果がありません。

その場合は、イエスバット話法に切り替えて行くといいと思います。

最後に

まくらを抱きしめるパジャマ女子

コミュニケーションを取るとき、ズバズバモノを言えたらいいなと思うかもしれませんが、ときにこういう感じで、会話にクッション性を持たせるのも重要なことだと思います。

覚えておくべきは、

必ず初めにいいニュースを話す

ということです。ポジティブな話題から入って、ネガティブな情報も出すという感じです。

言いにくいことがある人、言いたいことも言えないこんな世の中に生きている人々、是非試して見て下さい・・・POISON。

対人関係カテゴリの最新記事