レビュー

2/3ページ
  • 2019.01.09
  • 2022.10.20

酒飲みのためのアニメ『たくのみ。』【アニメレビュー】

あらすじ 主人公、天月みちるは地元岡山から東京のベンチャー企業へ転職する。一人暮らしに不安のあったみちるは、女性専用シェアハウス「ステラハウス春野」に入居する。 すでに3人の入居者が居て、3人とも酒飲みだった。酒の雑学を織り交ぜながら、今日も晩酌をする。 酒の雑学 この作品はいわゆる「10分アニメ」です。(厳密には再生時間12分)なのでサクッと観れるところがいい。 原作は未読なのですが、話の大まか […]

  • 2019.01.07
  • 2022.10.20

将棋に人生を賭けた男『聖の青春』【映画レビュー】

主演俳優の素晴らしさ 『聖の青春』は何度か映像化され、舞台台本となって舞台上映されている作品です。今回僕が観たのは、松山ケンイチ主演の映画です。 この映画の上映当時は、松山ケンイチの役作りの凄まじさに驚いたものです。『3月のライオン』の映画版を観たあとに観たのですが、『3月のライオン』では村山聖をモデルとした二海堂晴信は特殊メイクによってデブになっていました。 しかし、『聖の青春』では松山ケンイチ […]

  • 2019.01.02
  • 2022.10.20

名作将棋映画『3月のライオン(実写映画)』【映画レビュー】

ハチクロ作者の将棋漫画 作者の羽海野チカさんと言えば、『ハチミチとクローバー』で有名な人だと思います。僕は、『ハチミツとクローバー』は読んだことがないのですが、『3月のライオン』は以前原作を読んでいました。 最近の話は分からないのですが、原作は途中まで読んでいたので映画版を見ていても、シーンを把握することはできました。 まあ、それでも原作を読んでいたのは、だいぶ前なので原作との違いとか、そういうの […]

  • 2018.12.30
  • 2022.10.20

クローズドサークルの金字塔『そして誰もいなくなった』著:アガサ・クリスティー

名作ミステリ この作品を知らずして、ミステリは語れない。 そう言い切っていいほど有名なミステリです。僕はこの本を文庫本で一回、オーディオブックで一回読みました。 オーディオブック版を聴いたのは、犯人は覚えていたのですが、最終的な結論をぽっかりと忘れてしまっていたためです。 初読は、10年近く前だったので無理もないです。犯人を知ってこの小説を読んでも、楽しめました。やはり、名作だなと再認識しました。 […]

  • 2018.12.28
  • 2022.10.20

銭湯版・孤独のグルメ『昼のセント酒』【ドラマレビュー】

あらすじ 広告代理店で働く内海孝之は、万年営業最下位のダメ社員。使えないと職場で言われつつも、外回りと飛び込み営業、打ち合わせをする。 しかし、銭湯を見つけるといても立ってもいられなくなり、誘惑に勝てず「今日だけは」とのれんをくぐってしまう。 仕事をサボり、ビールを飲み、罪悪感を感じつつも至福のときを得る。 銭湯版・孤独のグルメ どうやら、このドラマ「銭湯版・孤独のグルメ」と呼ばれているそうです。 […]

  • 2018.12.27
  • 2022.10.20

『十角館の殺人』著:綾辻行人【ブックレビュー】

綾辻以降、綾辻以前 『十角館の殺人』は、綾辻行人さんのデビュー作品です。 初めて読んだのは結構前なのですが、最近になって新装改訂版を購入したので、思い出す意味も込めて、レビューを書いてみたいと思います。 綾辻行人さんはこの作品でデビューして、それまでの本格ミステリに多大なる影響を与えました。それまで古典的な本格ミステリから、新本格ムーブメントを起こし、のちに「綾辻以降」とまで呼ばれるまでになります […]

  • 2018.12.25
  • 2022.10.20

『ロートレック荘事件』著:筒井康隆【ブックレビュー】

あらすじ 夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館「ロートレック荘」に青年たちと美貌の娘たちが集まる。 青年たちは優雅なバカンスを楽しむはずだったが、二発の銃声により悲劇が始まる。美女が一人殺され、警察が見張っている最中でもまた一人、また一人と殺されていく。 筒井康隆ミステリ 筒井康隆さんと言えば、印象に残っているのが『時をかける少女』です、2006年に映画が公開された『時をかける少女』は、筒井康隆さん原作の […]

  • 2018.12.20
  • 2022.10.20

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 』【アニメレビュー】

ファーストガンダムつながりはワクワク ファーストガンダムつながりのガンダムは、やっぱりワクワクします。今作はファーストガンダムでは明かされていなかった、シャアとセイラの幼い頃からストーリーが始まります。 シャアとセイラは後の偽名で、登場時はキャスバルとアルテイシアです。 冒頭の戦闘シーンでは、ドズル・ザビが登場します。ドズルはザビ家にも関わらず狡猾さがなく、まっすぐな熱血漢です。ビグザムの上で機関 […]

  • 2018.12.19
  • 2022.10.20

『江神二郎の洞察』著:有栖川有栖【ブックレビュー】

アリスシリーズ 有栖川有栖さんの有名なシリーズもののなかで、学生アリスシリーズと作家アリスシリーズがあります。 窪田正孝と斎藤工の主演でおなじみの、『火村英生の推理』は、作家アリスシリーズです。残念ながら作家アリスシリーズは数冊しか読んだことがありません。 学生アリスシリーズは、一応シリーズ全巻読んでいます。 こちらには火村英生ではなく、江神二郎という推理小説研究会の名探偵が登場します。別名江神二 […]

  • 2018.12.17
  • 2022.10.20

【2018】倍速アニメマンが今年観たおすすめアニメランキング 番外編

今年は倍速アニメがはかどったので、トップ10では入りきりませんでした。 紹介しきれなかった作品を、いくつか紹介します。 まだトップ10を見てない人は是非見て下さい。 (10~6位まで) (5~1位まで) (倍速アニメのススメはコチラ) 『機動戦士ガンダムユニコーン』 これは、初代ガンダムから逆襲のシャアまで観ている人しか楽しめないなと思ったので、番外にしました。9位で紹介した『フルメタルパニック』 […]